文のみち

「文のみち」とは

 

春の光、夏の風、秋の空、冬の夜。

季節を心に感じ、絵や文字に写し取ってきた豊かな江戸文化の名残を伝える

関口・目白台の地域には今もみどり豊かな当時のおもかげが残っています。

先人たちがつなげてきた「文のみち」を次の時代へつなげたい。

その想いを込めて名付けました。

 

「文のみち」2019年冬号(第4号)

「文のみち」2019年秋号(第3号)

「文のみち」2019年夏号(第2号)

「文のみち」2019年春号(第1号)

 

 

 

  • 03_文のみち
  • 11_facebook
  • 12_twitter

ページトップへ戻る

Copyright © 文京区立 肥後細川庭園 All rights Reserved.