カテゴリー: 庭園だより

こんにちは、肥後細川庭園です。

 

8月31日より始まった「熊本のいぐさ工芸品展」は会期の折り返しを過ぎました。

 

いぐさ産業は熊本県の伝統産業であり、作付面積では全国の9割以上を占めています。

「くまもとのい業」(熊本県発行)によると、い業の歴史は古く、1505年に現在の八代市千丁町太牟田上土城主、岩崎主馬守忠久公が栽培・奨励したのが始まりといわれているそうです。

 

その後宝暦年間(1750年代)には細川霊感(重賢)公が栽培と整織を奨励された記録もあるそうですが、明治維新前までは「お止草」として、限られた地域にのみ栽培が許されていたようです。

 

時が経ち、現在では日本一の生産高を誇る「くまもと畳表」の生産地に成長しているとのことです。

 

さて、展示の目玉は、熊本城の大きなタペストリーです。

2016年の熊本地震で大きな被害を受け、現在は復旧作業が進められている熊本城の姿が描かれています。

また、いぐさと言えば畳のイメージが強いかと思いますが、今回の展示では、さまざまないぐさの工芸品が展示され、「いぐさイコール畳」の概念が覆されます。

 

今回は2019年度の熊本県物産振興協会優良新商品審査で金賞を受賞した「YOUKI SUN ART WORKS/藺染屋千丁」の有田有紀氏が手がけたいぐさで染めたストールも展示しています。

 

「くまもとのい業」によると、いぐさには二酸化炭素やシックハウス病の原因とされるホルムアルデヒド等を吸着する機能があり、空気浄化に役立つそうです。

たとえば写真のようなオブジェを枕元や作業机の上などに飾ると、清々しい気分ですごせそうです。

 

「熊本のいぐさ工芸品展」は9月30日(月)までの開催となります。

まだご覧になっていない方はぜひ松聲閣2階「山茶花の間」へご来場ください。

9時から17時まで、入場無料です。

お待ちしています。

 

※許可なく文章や画像、データを利用することを禁止致します。

こんにちは、肥後細川庭園です。

9月も半分が過ぎ、涼しい日が続くようになりました。

本日も朝から爽やかな青空が広がっております。

日本庭園巡回中にトンボをこんなに近くで撮ることができました。

過ごしやすい気候で少し油断してくれたみたいです。

 

話し変わって9/13(金)は中秋の名月でした。

雲ひとつない夜空…ではありませんでしたが、日本庭園からもきれいな月を眺めることができました。

松聲閣の玄関では本日までお月見飾りでお団子と花を展示しています。

飾りを見てると小腹がすいてきますね。

残念ながらお団子の提供はしておりませんが、呈茶サービスのお菓子とお抹茶でちょっと一服などいかがでしょうか。

 

※許可なく文章や画像、データを利用することを禁止致します。

こんにちは、肥後細川庭園です。

猛威を振るった台風15号が過ぎ、穏やかな日が戻ってきました。

台風直後は落ち葉や落ち枝の散乱していた日本庭園も

植栽スタッフの皆様のお力であっという間に元の景観を取り戻しました。

ありがとうございます!

庭園巡回中にサワガニを発見。

水のきれいな渓流(沢)に生息することからその名前がついたそうです。

日本庭園の水を気に入ってくれたのでしょうか。うれしいですね。

藤棚出島の周辺ではツルボの花が咲きました。

小さい花のため意識して探さないと見逃してしまうかもしれません。

足元をお見逃しなく!

建物内に避難させていたのでアサガオも元気に咲いています。

9月には入って花たちも活気付いてきました。

秋に向かって色鮮やかに変わっていく庭園をお楽しみください。

 

※許可なく文章や画像、データを利用することを禁止致します。

ページトップへ戻る

Copyright © 文京区立 肥後細川庭園 All rights Reserved.