ブログ

こんにちは、肥後細川庭園です。

5月頭の暑さはどこへ行ったのでしょうか。

もう梅雨入りしたのかと思ってしまうくらい雨や曇天で肌寒い日が続いております。

そんな寒空の下でも大きく変化していく庭園の花状況をお伝えいたします。

 

松聲閣前のヤマボウシです。

白い部分は花びらではなく花序を包む総苞(そうほう)です。

築山にあるユスラウメにたくさん実がつきました。

一部まだ色の薄いものがありますが、実全体が真っ赤に色づくと見ごたえがあります。

 

肥後花菖蒲の<吉江紫>が一輪開花しました。

もうすぐ開花しそうなつぼみもいくつか確認できます。

吉江紫以外の品種はまだつぼみも見当たりませんでした。

全体の見ごろはもう少し先になりそうです。

昨年は植替えを行った影響で一昨年より開花数が少なくなりましたが、今年はどうでしょうか。

菖蒲田一面に広がる花菖蒲の姿を期待して開花を待ちます。

こちらは鑓水のそばにある江戸系の花菖蒲です。

肥後花菖蒲よりも早くいくつもの花を咲かせております。

 

来週は天気も回復し、暑くなるとの予報です。

少しずつですが明るい話題も聞こえてくるようになりました。

最後まで気を抜かず体調管理、予防に努めていきましょう。

再びみなさまに庭園散策をお楽しみ頂ける日が一日でも早く来ることを切に願います。

 

※許可なく文章や画像、データを利用することを禁止致します。

こんにちは、肥後細川庭園です。

 

 

本日も引き続き松の緑摘みを行っております。

すっきりと整えられて涼しそうな松たちを見ていると連日の暑さも和らぐような気がします。

遣水と大池の周辺ではアヤメが見ごろを迎えています。

土橋のそばではシランが咲いています。

中門隣のボダイジュです。

開花はまだですが、つぼみがたくさん確認できました。

 

人気の少ない庭園で、悠々と過ごしているスズメやサギも見られました。

 

※許可なく文章や画像、データを利用することを禁止致します。

こんにちは肥後細川庭園です。

休園中の日本庭園ですが、月曜日から毎年恒例の「松の緑摘み」を行っています。

肥後細川庭園では、新芽の伸びる5月中旬に「緑摘み」と「古葉落とし」、「枝透かし」を一度に実施頂いています。

作業前の松の木は見通しが悪く、髪の伸びすぎた頭のようですが、専門の職人さんの手にかかるとこの通り。

職人さんが作業している箇所と、施工前の違いが良くわかりますね。

樹形や松の状態を見定めながら、摘み取りをする芽や透かしを入れる枝を瞬時に判断し、手を進めていきます。

樹高のある松にはしっかりと足場を組んで作業を行います。

本日も暑い中、この細やかな作業を終日実施頂きました。

この作業を毎年行うことで風情ある樹形と景観を保つことができます。

本来ですと来園者の方にも作業の様子をご覧頂けるのですが、

今年は残念ですが写真でのお届けとなりました。

再開園の際は、すっきりと美しく作業を終えた松の姿を、是非ご覧ください。

 

※許可なく文章や画像、データを利用することを禁止致します。

ページトップへ戻る

Copyright © 文京区立 肥後細川庭園 All rights Reserved.