月: 2021年2月

こんにちは肥後細川庭園です。

 

寒暖差の大きな日が続きますね。お体への負担も多いこの時期ですが、いかがお過ごしでしょうか?

松聲閣内の喫茶室「椿」では、ひな祭りにちなんだ折り紙展示を行っています。

5段飾りのおりがみでできた雛かざりです。

 

1段目がお内裏さまとお雛様

2段目は三人官女、3段目は五人囃子と続きます。

4段目は菱餅や牛車や籠、5段目は箪笥などのお道具が置かれています。

そして、お道具の折り紙には「鳳凰と桐」の文様が描かれています。おめでたい文様で、鳳凰は桐の木に棲み、竹の実を食べると言われているそうです。

※文様の解釈は、1/21に連続講座「江戸文様と自然」でご講義頂いた、熊谷博人先生に頂きました。

 

上から見ると文様をより美しく感じられるかと思います。

ぜひ皆様も、折り紙の細やかな文様、作りこみをご覧になってみてください。

※許可なく文書や画像、データを利用することを禁止いたします。

 

 

 

 

 

 

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

  • 03_文のみち
  • 11_facebook
  • 12_twitter

ページトップへ戻る

Copyright © 文京区立 肥後細川庭園 All rights Reserved.