ブログ

11/26 松の雪吊り

こんにちは、肥後細川庭園です。

 

毎年恒例の冬の風物詩となっている 松の雪吊り設置作業が現在行われております。

本来は、枝が折れやすい松を雪から守るためのものですが、

東京では例年雪が少なくなってきているため、冬の風景としてお楽しみ頂けます。

そんな雪吊り作業を少しご紹介いたします。

雪吊りは、色々と種類ががあると言われておりますが、

肥後細川庭園の雪吊りは、庭師さんのオリジナルの形です。

 

まず松に支柱を設置します。

松の枝葉に合わせて湾曲させる周りの竹は、庭師さんがひとつづつ

割竹して加工していきます。

松の枝葉に合わせて、竹を組んでいき外周の割竹設置の位置を決めていきます。

位置が決まれば、その後は割竹を湾曲させ、それに紐を結わえていきます。

こうして完成する松の雪吊りは、庭師さんの感性により松の個性に合わせて

設置されていきます。

 

ぜひ、美しく冬支度を終えた松を観に庭園に遊びに来てくださいね。

 

※許可なく文章や画像をコピー使用することを禁止します。

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

  • 03_文のみち
  • 11_facebook
  • 12_twitter

ページトップへ戻る

Copyright © 文京区立 肥後細川庭園 All rights Reserved.