ブログ

11/6 肥後山茶花(ひごさざんか)が開花しています

こんにちは、肥後細川庭園です。

朝晩すっかり冷え込むようになりました。冬の訪れが間近であることを感じます。

庭園では、晩秋から初冬に咲く「肥後山茶花」が咲き始めています。

白地にほんのり桃色が入る美しい花がつきます。時間が経つと真っ白になります。

日本庭園の中庭の蹲(つくばい)の横に植えられています。

先月20日頃、最初の一輪が開花しました。昨日は二輪お花が確認できました。

蕾がたくさんついているので、見ごろはこれからになりそうです。

楽しみですね。

同じツバキ科のチャノキの花も咲き始めました。下向きにひっそりと咲いているので、気づきにくいのですが、

可愛らしいので、個人的にとても好きな花です。


刈り込まれた低木のチャノキが数か所ありますので、

ぜひ散策の際探してみてください。

※「肥後山茶花」とは、肥後六花のひとつです。

肥後六花は、江戸時代から品種改良を重ねてきた熊本独特の花で、

肥後椿、肥後芍薬、肥後花菖蒲、肥後山茶花は庭園で見ることができます。

※今年は建物内での肥後菊の展示予定はございません。

※許可なく文章や画像、データを利用することを禁止します。

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

  • 03_文のみち
  • 11_facebook
  • 12_twitter

ページトップへ戻る

Copyright © 文京区立 肥後細川庭園 All rights Reserved.