ブログ

10/5 菖蒲田

こんにちは、肥後細川庭園です。

先週の台風12号の影響を心配しておりましたが、
お蔭様でいつもの庭園を見ることができています。

9月初めから、肥後花菖蒲の植替えをおこなっております。
ショウブは、連作障害がでるため数年に一度天地返しといって、
土を下上逆転させる作業を行っています。

池周りにあるため土の流失も多く、天地返しを行った土を
数日天日干しした後、台風前に急いで約4tの土を入れました。

来年も皆様に美しい肥後花菖蒲を見ていただけるように、
維持管理スタッフ一同、日々菖蒲田の手入れに励んでおります。
作業は、10月初めまで続きそうです。

肥後花菖蒲とは、肥後六花のひとつです。

肥後六花は、江戸時代から品種改良を重ねてきた熊本独特の花で、
肥後椿、肥後芍薬、肥後花菖蒲、肥後山茶花は庭園で見ることができます。

花菖蒲は、肥後系、江戸系、伊勢系、長井古種の4系統に分類されています。
多くの庭園では、2~3種類を組み合わせて植えることが多いのですが、
熊本とゆかりの地として、池周りには肥後系29種、遣水周りに江戸系1種が植えられています。

※許可なく文章や画像、データを利用することを禁止します。

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

  • 03_文のみち
  • 11_facebook
  • 12_twitter

ページトップへ戻る

Copyright © 文京区立 肥後細川庭園 All rights Reserved.