ブログ

出あいの庭

こんにちは、肥後細川庭園です。

中門をくぐり抜けて、ほっとしたように立ち止まり、「こんなに綺麗な庭だったのですね。」と、 その女性はつぶやきました。

それから「きっと、母がここに連れてきてくれたんだわ」と、 菩提樹を見上げました。

3月前にお母様を見送くられてから、久しぶりの外出でした。

この庭は初めて訪れたそうです。

それからゆっくりと、池の方に向かわれました。

雨止みの朝、森(樹林地 )を歩いていると、一斉に蝉しぐれが降ってきました。

登り道の途中、ヤブランに、セミの抜け殻がしがみついていました。

近くの笹の中の杭には、 午睡のトカゲが逃げもせずじっとしています。

ほの明るい空、木々の葉が切り絵のように見えます。

ギボウシを下から覗くと、賑やかに笑っているような気がしました。

松聲閣のUさんは、土橋から中池を眺める風景が好きだそうで、 自分で撮影してくれました。

梅雨の終わりのころ、少しくらい日、池の面にもレンズにも雨つぶです。

けれど、晩秋になると、両側の紅葉が、美しく色づき、池に映り込み とても華やかな風景になるのです。

※許可なく文章や画像、データを利用することを禁止します。

ページトップへ戻る

Copyright © 文京区立 肥後細川庭園 All rights Reserved.