ブログ

7/23 梅雨明けを待ちながら

こんにちは、肥後細川庭園です。

中門を入ると、左手に松聲閣の前から池の近くまで、少し明るい緑色の芝生が広がっています。

長雨で庭園の樹木の緑が濃さを増す中で、芝を踏まないように、ゆっくりと敷石を渡っていると、気分が和らいできます。

しばらくの間は、この芝生の緑に癒されることでしょう。

庭園の中には、様々な形の燈籠があります。

中門を入ってすぐ目に入るのは、池のほとりにある雪見燈籠です。

来園者を歓迎するように置かれ、風情がありますね。

樹林地の滝の近くの三光燈籠です。火袋の丸、三日月、四角の窓は日、月、星を表していると言われているようです。

小さな宇宙、反対側もご覧ください。

他にも、様々な形の燈籠が各所に置かれています。散策と共にお楽しみください。

築山から松聲閣の方を望みました。梅の木が建物を少し隠していますが、

松聲閣のTさんからのお勧めの場所です。

次回は、別な方に聞いてみましょう。

 

※許可なく文章や画像、データを利用することを禁止します。

ページトップへ戻る

Copyright © 文京区立 肥後細川庭園 All rights Reserved.