ブログ

5/13松の緑摘みを行っています。

こんにちは肥後細川庭園です。

休園中の日本庭園ですが、月曜日から毎年恒例の「松の緑摘み」を行っています。

肥後細川庭園では、新芽の伸びる5月中旬に「緑摘み」と「古葉落とし」、「枝透かし」を一度に実施頂いています。

作業前の松の木は見通しが悪く、髪の伸びすぎた頭のようですが、専門の職人さんの手にかかるとこの通り。

職人さんが作業している箇所と、施工前の違いが良くわかりますね。

樹形や松の状態を見定めながら、摘み取りをする芽や透かしを入れる枝を瞬時に判断し、手を進めていきます。

樹高のある松にはしっかりと足場を組んで作業を行います。

本日も暑い中、この細やかな作業を終日実施頂きました。

この作業を毎年行うことで風情ある樹形と景観を保つことができます。

本来ですと来園者の方にも作業の様子をご覧頂けるのですが、

今年は残念ですが写真でのお届けとなりました。

再開園の際は、すっきりと美しく作業を終えた松の姿を、是非ご覧ください。

 

※許可なく文章や画像、データを利用することを禁止致します。

ページトップへ戻る

Copyright © 文京区立 肥後細川庭園 All rights Reserved.