月: 2019年2月

こんにちは、肥後細川庭園です。

 

2月4日より、池の水質改善を目的に水抜き(かいぼり)を開始しました。

本日で6日目となります。

水位が大分低くなってきました。

 

普段は見られない水中の様子があらわになってきています。

雪吊りの支柱や、かつて使われていたと思われる杭など、目に珍しいものが現れています。

 

完全に水を抜いたら、しばらく乾かします。

作業が終了し、再び水を入れて元の姿に戻すまで、1か月半程度の期間を予定しています。

 

水面に映る雪吊りの景色とも、しばらくお別れです。

 

 

水鏡を楽しみに来て下さる方には申し訳ありません。

ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

「江津湖の美しい風景」

 

熊本市水前寺江津湖公園

フォトコンテスト入賞作品展

 

熊本市にある水前寺江津湖公園で行われたフォトコンテスト「江津湖の美しい風景」の入賞作品展を開催いたします。

 

◆日時:2月9日(土)~3月3日(日) 9:00~17:00

◆場所:文京区立 肥後細川庭園 松聲閣

◆入場無料・観覧自由

水前寺江津湖公園の詳細は、ホームページをご覧ください。

http://www.ezuko-park.com/

水前寺江津湖公園は、熊本市中心部からわずか5キロという立地にありながら、四季折々に姿を変える水辺の風景に恵まれており、夏目漱石や中村汀女など多くの文人がその景観を詩歌や俳句に表しています。

その景観は色褪せることなく、現代でも全国に誇り発信できるほどの奥深い魅力をもっていると言えます。

そこで、水前寺江津湖公園の魅力を共有し、熊本県内のみならず全国の皆様へこの魅力を知っていただくことを目的に、「江津湖の美しい風景」をテーマとした写真コンテストを開催いたしました。

現在は「秋・冬期」の募集へと移行しておりますが、「春・夏期」には約500作品もの応募があり、この中から江津湖の魅力が伝わる作品23点を選出いたしました。

この入賞作品を、熊本にゆかりのある「肥後細川庭園」にて展示を行い、熊本出身の皆様にふるさと熊本を思い出してもらうだけでなく、江津湖や熊本に訪れたことのない方にも、“水の国”熊本を象徴する江津湖や水前寺江津湖公園の魅力を知っていただくきっかけになればと考えています。

 

こんにちは、肥後細川庭園です。

 

1月27日に、すっかり恒例となりました「新春寄席」を開催しました。

演者は熊本県のご出身で文京区在住の、三遊亭好太郎師匠です。

 

軽妙かつ洒脱な語り口で、肥後細川庭園のことも絡めてお話しくださるので、初めてのお客さまにも当園を身近に感じていただけたのではないでしょうか。

あっという間にリラックスした会場の雰囲気の中、好太郎師匠の世界にぐいぐい引き込まれていき、気づけばどっぷりひたっている…というのが毎年のパターンですが、今年も去年以上に笑いの花が咲いていました。

 

笑い過ぎて、疲れたお客さまはいませんでしたか?

 

あっという間の60分が終わった後は、師匠とお話ししながらの写真撮影タイムです。

和やかに、ワイワイと盛り上がった交流の場となりました。

 

和気あいあいとしたひとときにご参加くださった皆さま、ありがとうございました。

またの機会を、どうぞお楽しみに!

ページトップへ戻る

Copyright © 文京区立 肥後細川庭園 All rights Reserved.