月別: 2018年4月

こんにちは、肥後細川庭園です。

松聲閣(しょうせいかく)の前庭にある肥後芍薬が、もうすぐ開花しそうです。

このところの温かい陽気が、白い蕾をぐっと膨らませました。

今日明日にも開花するような勢いを感じる蕾が一つ。

他の蕾は小さいですが、いくつも付いています。

ゴールデンウィークまでに満開になるでしょうか…?

日本庭園は新緑の季節を迎えました。

まるで絵のような清々しい緑に囲まれています。

気分転換にでも、お立ち寄りください。

ほんのわずかの時間でもどうぞ。

 

お待ちしています。

 

 

こんにちは、肥後細川庭園です。

去る3月19日、永青文庫にて防災訓練が行われ、肥後細川庭園スタッフも参加しました。

 

文京区では、学校や町会、マンションなどで行う防災訓練に、起震車・煙ハウス等の出張を無料で行っています。

今回はそちらを活用しての実施でした。

 

<文京区ホームページ 防災教室について>

http://www.city.bunkyo.lg.jp/bosai/bosai/bousai/kunren/bousaikyousitu.html

 

煙ハウスは、火災による煙を疑似体験できる装置です。

無害な煙が出ますので人体に影響はありませんが、煙に巻かれる体験はなかなかあるものではなく、訓練とわかっていても恐怖を感じます。

起震車は、地震の揺れを再現する機械です。

震度2~7まで設定することができ、実際に地震が起きた際、どのように対処すればよいか、学ぶことができます。

 

こうした訓練を定期的に行うことにより、いざ災害が起こった時に、落ち着いて対応できる力が身につくことでしょう。

 

当園でもスタッフ研修として心肺蘇生等の訓練を行っていますが、煙ハウスや起震車体験は初めてのことでした。

永青文庫の関係者の皆さま、ありがとうございました。

 

文京区のみならず、各自治体でこうした防災への取り組みが行われていることと思います。

ぜひ積極的に活用し、防災への意識を高める機会としてはいかがでしょうか。

こんにちは、肥後細川庭園です。

 

本日より、五節句の折り紙飾りの一つ、端午の節句の飾りを展示しています。

端午の節句と言えば、男の子のすこやかな成長を祈って、鎧兜を飾ったり、鯉のぼりを立てたりしますね。

同時に「菖蒲の節句」とも言い、邪気を払う薬草であると信じられていたショウブを軒先にに差したり、湯船に入れたりすることで無病息災を祈ってきました。

 

端午の節句飾りには、そうした季節感がふんだんに盛り込まれています。

「椿の間」に展示していますので、ご来園の際はぜひご覧ください。

 

また、「椿の間」ではお抹茶とお菓子のセットをご注文いただけます。

ゴールデンウィーク期間中の土・日・祝日には、季節の和菓子も登場します。

どうぞお楽しみに!

 

ページトップへ戻る

Copyright © 文京区立 肥後細川庭園 All rights Reserved.