月: 2018年3月

おはようございます。肥後細川庭園です。

日本庭園内の桜は満開が続いています。樹林地があるためか、神田川沿いの桜並木より少しだけ花の移ろいがゆっくりなようです。

神田川沿いの桜は数日の暖かさで一気に散り始めています。週末までもってほしいですね。

皆様のご来園を心よりお待ちしております。

こんにちは肥後細川庭園です。

連日の晴天で、肥後細川庭園もお花見日和が続いています。

大池にあるヤマザクラの大木は、ソメイヨシノより少し遅れて満開を迎えました。

水面にも美しい姿が移り日本庭園に彩を添えてくれています。

松聲閣横に植えられた肥後六花の「肥後椿」や、庭園南側にある「シャガ」も今が見ごろ。

ヤマモミジも芽吹きはじめ、庭園内は春の喜びにあふれています。

神田川の桜は満開から少し散り始めに移りはじめましたが、散りゆく姿もまた見事ですね。川面に浮かぶ桜の花びらもまた風情があります。

皆様のご来園を心よりおまちしております。

 

 

こんにちは、肥後細川庭園です。

 

「ホーホケキョ」という声が、樹林の間から聞こえてくる季節になりました。

当園で一番大きなソメイヨシノが、そろそろ満開です。

目白や都電・早稲田駅方面からご来園の方は、ひときわ大きな桜の木がお出迎えするのが見えるのではないでしょうか。

この桜の木の下は円形状のすり鉢型広場になっており、ベンチ代わりにお弁当を食べるにはちょうどいい場所となっています。

下から見上げると、桜越しに大空が広がっています。

東京メトロ江戸川橋駅や早稲田駅方面からお越しの方には、松聲閣の影となってちょっと見えにくいかもしれません。

見応えのある巨木ですので、ご来園の際は、どうぞ西側広場へ足をお運びください。

 

さて、神田川の桜は満開です。

川面にのびのびと枝を伸ばした桜の並木が延々と続いており、橋の上で立ち止まらずにはいられない人たちの光景は、この時期、朝から晩まで続きます。

もう少し経つと、はらはらと散りゆく桜が水面を彩り、それもまた雅な風景です。

お仕事をされていて、3月が年度末で忙しい、という方は、散りゆく桜を愛でにおいでになるのもよいかもしれません。

 

当園も参加している「weアートマルシェ」は4月8日(日)まで開催しています。

「早稲田から江戸川橋周辺エリアのまちをアートなマルシェにしよう!」を合言葉に、各施設で様々なイベントを行っています。

各施設で配布している「weアートマルシェ散策マップ」をご持参いただいた方にはお抹茶とお菓子のセット通常500円のところ、100円引きの400円でご提供します。

※施設によってマップの配布が終了しているところもあります。

 

weアートマルシェ ホームページ

http://kandagawa-artblossom.com/

 

ご来園お待ちしています。

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

  • 03_文のみち
  • 11_facebook
  • 12_twitter

ページトップへ戻る

Copyright © 文京区立 肥後細川庭園 All rights Reserved.