ブログ

日本庭園は虫たちの季節

こんにちは、肥後細川庭園です。

暑い日が続きますね。

日本庭園内もすっかり緑が濃くなり、夏の強い日差しが降り注いでいます。

庭園に広がる、大きな池を少し注意して眺めると、

この季節、たくさんのトンボたちが飛び交っているのをご覧いただけます。

一番目にするのはコシアキトンボ。全身は黒い小さなトンボですが、腹部の真ん中に白い帯のような筋が入っています。「コシアキ」の名前の由来にもなっている模様です。オスは岸に近い水面を縄張りをはって飛び回り、他のオスやトンボが来ると追い回して追い払います。

 

日当たりの良い岸にはシオカラトンボ。薄青白い身体が特徴の一番身近なトンボです。

樹木の木陰に近い所ではオオシオカラトンボ。シオカラトンボよりも濃い青みのある身体が特徴です。

 

松聲閣前で打ち水をしていると、アカボシゴマダラやアオスジアゲハが水をのみにやってきます。チョウたちもきっと暑いのですね。

江戸時代の大名屋敷時代からの樹林地が、今も大切に守られている肥後細川庭園。都会の真ん中にあっても自然豊かであることを感じます。

庭園での休憩のひと時に、ぜひ虫たちにも目を向けてみてください。

 

 

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

  • 03_文のみち
  • 11_facebook
  • 12_twitter

ページトップへ戻る

Copyright © 文京区立 肥後細川庭園 All rights Reserved.