月: 2016年11月

こんにちは、新江戸川公園です。

雪吊りが完成しました。

DSCF4839
雪吊りは金沢の兼六園が有名ですね。
本来の雪吊りは豪雪地帯で、立ち上げた柱から降ろした吊り縄を、直接木の枝に結びつける手法を用います。
本公園では鑑賞を目的として、柱から降ろした吊り縄を、竹で作った吊り輪に等間隔に結びつけます。
吊り輪は樹形や周囲の地形に合わせて微妙にうねりを与えることもあり、美しい円錐形が見どころです。

雪吊りの数は例年は4本でしたが、今年は、池泉回遊式の日本庭園を散策しながら、どこから眺めても雪吊りの美しい姿を楽しんでいただけるよう、6本に増やしてみました。

DSCF4827

6本全てを同時に眺められるビュースポットは、池の亀石から土橋のあたりまでになります。
ただし、上の写真でおわかりのように、天気の良い日は一番左の雪吊りが南側の大木の陰になりますので、写真撮影に適した時間帯は午後2時過ぎが良いでしょう。

DSCF4831

上の写真は2時過ぎに撮影しましたので、陰になっていた雪吊りもきれいに写っています。

 

その他のビュースポットを探してみると……

DSCF4842  こちらは、南側の階段を上った小高い丘から眺めてみました。

 

DSCF4826

こちらは土橋から松聲閣を望みます。
正面のモミジの巨木は、これから色付き始めるので、雪吊りとともに池の水面に映る景色が楽しみです。

 

DSC_0724 - バージョン 2

雪吊りは、3月上旬頃まで設置しています。
秋から冬の風物詩、どうぞお楽しみください。

それではまた!

こんにちは、新江戸川公園です。

いよいよ紅葉シーズン到来です。
日本庭園では、ハゼの木の赤とエノキの黄色が、鮮やかに秋を彩りはじめました。

DSCF4798

礼拝石から土橋を望むと、エノキの黄葉が目に沁みます。

DSCF4730

近くに寄ってみると、堂々とした風格に圧倒されます。
エノキは今が一番のピークですね。

DSCF4784

中池は、エノキとハゼの木とイロハモミジのアンサンブルです。DSCF4748

スケッチをされている方も大勢いらっしゃいます。

DSCF4739

振り返ると、職人さんによる雪吊り製作が最後の仕上げに入っています。
今年は例年の4本から6本に増やしましたので、どこから写真を撮ってもベストショットになると思います。

DSC_0684

毎年、最高に色付いてくれる、松聲閣「椿の間」の前のイロハモミジは、おそらく明治以前からこの地にあり、これほど美しい姿をした株立ちは、他の都内の庭園にはないとのことです。
本格的に色付き始めるのはこれからです。ライトアップまで、もう少し待っていて下さいね。

DSCF4801

こちらも昨年、見事に染まってくれたイロハモミジです。
第2庭園の工事エリアに接していますので、お楽しみいただくには……

DSCF4759

こうして、下から仰ぎ見るのがよいでしょう。

DSC_0671

今年は寒暖の差や降雨などの条件が良いためか、全体的に昨年よりも鮮やかさが増しているようです。DSC_0549

まだまだ色付く日本庭園、ぜひいらしてくださいね。

DSC_0567

それではまた!

盆栽教室完成 写真(写真はイメージです)

  1218日(日)に盆栽教室を開催します。 一流の盆栽職人による丁寧な指導で、寄せ植えを作ります。初心者の方も、どうぞ安心してご参加ください。 日本の伝統文化である盆栽に親しみ、新春のご家庭に清々しい盆栽を飾りませんか? 皆さんのご参加をお待ちしています!

◆日 時: 平成28年12月18日(日)

1回目:10:00~12:00、2回目:13:30~15:30

★盆栽教室は、定員に達しました。お申込みありがとうございました。

  ◆場 所: 新江戸川公園 松聲閣(洋室A・B)

◆講 師: 鈴木英男さん 鈴木さんの顔写真(使う)半世紀以上に渡って盆栽の育成や管理に携わり、日本のみならず、世界中で盆栽の第一人者として活躍している。 これまでに高木盆栽美術館、皇居、国営昭和記念公園盆栽苑の盆栽を管理。日本屈指の銘木「日暮し」「寿雲」「舞子」などを手掛ける。

◆参加費: 3,000円 (作った盆栽はお持ち帰りいただけます)

◆定 員: 各回10名 (合計20名)

◆応募方法: 「盆栽教室申込」のタイトルで下記①~⑥を明記の上、新江戸川公園へ「往復ハガキ」・「FAX」または「メール」にてお申込みください。 ①希望の回(1回目、2回目) ②郵便番号 ③住所 ④氏名(ふりがな) ⑤参加人数 ⑥電話番号・FAX番号

★電話でのお申し込みは受付いたしません。

  <注意事項> ・お申し込みは、1通で2人までです。 ・先着順に受け付けを行い、参加の可否についてのご連絡をいたします。 ※ご連絡は、お申込みいただいた方法でいたします。FAXでお申し込みの方は、必ず連絡の取れるFAX番号を記入してください。往復ハガキには返信面にも宛名を記入してください。 ・電話でのお申込は受付いたしません。 ・未就学児のみのお申込みはご遠慮下さい。 <申込み先> 新江戸川公園 松聲閣 〒112-0015 文京区目白台1-1-22 TEL:03-3941-2010 FAX:03-6912-0156 メール:shin-edogawa@prfj.or.jp

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

  • 03_文のみち
  • 11_facebook
  • 12_twitter

ページトップへ戻る

Copyright © 文京区立 肥後細川庭園 All rights Reserved.