ブログ

紅葉の見頃到来

こんにちは、新江戸川公園です。

いよいよ紅葉シーズン到来です。
日本庭園では、ハゼの木の赤とエノキの黄色が、鮮やかに秋を彩りはじめました。

DSCF4798

礼拝石から土橋を望むと、エノキの黄葉が目に沁みます。

DSCF4730

近くに寄ってみると、堂々とした風格に圧倒されます。
エノキは今が一番のピークですね。

DSCF4784

中池は、エノキとハゼの木とイロハモミジのアンサンブルです。DSCF4748

スケッチをされている方も大勢いらっしゃいます。

DSCF4739

振り返ると、職人さんによる雪吊り製作が最後の仕上げに入っています。
今年は例年の4本から6本に増やしましたので、どこから写真を撮ってもベストショットになると思います。

DSC_0684

毎年、最高に色付いてくれる、松聲閣「椿の間」の前のイロハモミジは、おそらく明治以前からこの地にあり、これほど美しい姿をした株立ちは、他の都内の庭園にはないとのことです。
本格的に色付き始めるのはこれからです。ライトアップまで、もう少し待っていて下さいね。

DSCF4801

こちらも昨年、見事に染まってくれたイロハモミジです。
第2庭園の工事エリアに接していますので、お楽しみいただくには……

DSCF4759

こうして、下から仰ぎ見るのがよいでしょう。

DSC_0671

今年は寒暖の差や降雨などの条件が良いためか、全体的に昨年よりも鮮やかさが増しているようです。DSC_0549

まだまだ色付く日本庭園、ぜひいらしてくださいね。

DSC_0567

それではまた!

ページトップへ戻る

Copyright © 一般財団法人 公園財団 All rights Reserved.