ブログ

重陽の節句

こんにちは、新江戸川公園です。

9月9日は重陽の節句です。

本日より、松聲閣の「椿」の床の間に、重陽の節句にちなんだ、折り紙による菊の花を展示しています。
作品の折り手は、お茶の水おりがみ会館の、瀬沼絢子先生です。

DSC_9141

桃の節句や端午の節句が子供の健やかな成長を祝うのに対して、重陽の節句は菊の花で邪気を払い、長寿を祈る意味が込められています。

DSC_9140

中国では陰陽道の奇数(一、三、五、七、九)で最も大きい九が重なる九月九日は大変めでたい日とされ、菊の花を活けたり、菊の花弁を浮かべた菊酒を飲んだりして祝いました。

DSC_9154

また、平安時代以前は、農村の収穫時期に「栗の節句」とよばれる収穫祭のような節句もあり、栗ご飯などを食べて祝ったと言われています。

これらの食べ物は長寿を祈る意味でも健康に良く、菊(食用菊)は血行を良くして肩こりや冷え性を改善す効能があり、栗はビタミンCやビタミンB1などが豊富に含まれて栄養価が高く、風邪予防や疲労回復の効果があります。

DSC_9145

さらに、九のつく日に茄子を食べると、中風(発熱・咳・頭痛・肩こり・悪寒)を病まぬという言い伝えがあるそうです。

DSC_9148

ちなみに、「秋茄子は嫁に食わすな」という諺には、茄子が体を冷やす効果で「嫁に子供ができないのは困る」というところからきているようですが、これを防止するためには、茄子料理に生姜や玉ねぎ、唐辛子などを併せたり、油で揚げたりすればよいそうです。

DSC_9136

それではまた!

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

  • 03_文のみち
  • 11_facebook
  • 12_twitter

ページトップへ戻る

Copyright © 文京区立 肥後細川庭園 All rights Reserved.