月: 2016年8月

こんにちは、新江戸川公園です。

8月20日(土曜日)から9月19日(祝・月曜日)まで、目白台・関口周辺地域の魅力的な文化・観光施設を巡る「~歌仙兼定と行く~目白台・関口の雅を巡るスタンプラリー」が開催されます。
新江戸川公園はスタンプラリーの景品交換所となり、松聲閣の前では、文京区観光協会によるコラボレーショングッズ販売も行われます。

★DSC_8909

★DSC_8905

本日は初日とあって、どのくらいのお客様がいらっしゃるか楽しみにしていたところ、雨天にもかかわらず、大勢のお客様がコラボレーショングッズの購入に並ばれています。物販テントから最後尾までは、最長で5重の列ができました。

FullSizeRende2r2IMG_2284

ところが10時の開始後すぐに、大粒の雨とともに大音響の雷が鳴り始めました。
雨雲レーダーで確認すると、ご覧のように大変な状況です。

IMG_2282
雷が鳴れば建物内への避難が鉄則ですので、雨に濡れながらも、きちんと行列を作ってお待ちのお客様には申し訳ないのですが、皆様の安全が最優先です。全員の方を松聲閣の2階 「山茶花の間」、1階「椿の間」、1階玄関ロビーに誘導し、待機していただきました。
「文の京」安心・防災メールでは、10時30分頃に「洪水警報」「大雨警報」「雷注意報」が発表されましたので、それに先立っての避難誘導です。

IMG_2287IMG_2288

幸い、行列でお待ちの最中に、観光協会の販売スタッフが注文票をお渡ししていましたので、大きな混乱には至りませんでした。

避難中のお客様には、今回特別に、熊本の「くまもん塩梅飴」をお配りして和んでいただき、さらに所長による「玉鋼ミニ講座」を開催しながら、雨の上がるのを待ちました。

★DSC_8911

DSC_7661

本日は1日中、雨が降ったり止んだりの不安定な気象条件でした。
明日以降も「傘マーク」は取れていませんし、複数の台風が日本列島に接近中ですので、充分に注意していただき、また天候が安定してからスタンプ巡りをお楽しみください。

それではまた!

こんにちは、新江戸川公園です。

永青文庫から新江戸川公園を巡って来られる刀剣ファンの皆様には、お勧めランチスポットとして「野菜倶楽部 oto no ha cafe」と、ホテル椿山荘東京のカフェ・バー「ル・ジャルダン」や、洋食「ザ・ビストロ」、蕎麦「無茶庵」をご案内しております。

◆野菜倶楽部 oto no ha cafe

◆ホテル椿山荘東京「ル・ジャルダン」

今日はこのうち、「ル・ジャルダン」を取材しましたので、ご紹介いたします。

入店したのは12時半過ぎで、店内は満席です。
お店のスタッフに伺うと、今はちょうど夏休み期間でもあり、いつも大変賑わっているとのこと。
カウンターが空いていたので、こちらでいただくことにしました。

ランチメニューは「ル・ジャルダン ランチセット」で、”サンドウィッチ” または ”彩りサラダ” に、スープとドリンクが付きます。お値段は3,000円。
今回はサンドイッチを注文しましたが、参考までに彩りサラダについて伺うと、リゾットに野菜とローストビーフが乗った豪華版だそうです。

まずはカボチャの冷製スープ。

DSC_8798 - バージョン 2

そしてパゴダサンドウィッチ。

DSC_8803
一見少なめに見えるのですが、ワンプレートディッシュにぎっしりと盛り付けられているので、ボリュームたっぷりです。

DSC_8804 - バージョン 2

これだけで充分お腹いっぱいですが、参考までにデザートのメニューをお伺いしました。
デザートは8種類のケーキで、チーズケーキやガトーショコラなどのスタンダードメニューのほか、シーズンメニューのケーキが2種類あるそうです。

そこで今日は、シーズンメニューの ”タルト・エキゾチック” を追加注文しました。
デザートは通常1品1,000円ですが、ランチメニューに追加すると500円となります。

DSC_8812

ご覧のとおり大変豪華なデザートでした。

DSC_8809

なお、コーヒーはお替わり自由です。

9月に入れば、少しは席にも余裕ができるそうですが、ランチタイムに行かれる際には、事前に電話で混雑状況を確認すると良いそうです。

それではまた!

 

 

こんにちは、新江戸川公園です。

いつものカワセミですが、最近の傾向は、夕方の時間帯に出会える確率が高いようです。
また、この公園には1組だけではなく、複数のカップルが現れるとのこと。

この日の時間帯は、午後4時過ぎです。
池の南側のベンチから、滝の方向を辛抱強く観察していると……

DSC_8098

ようやく現れました! といっても、この画像ではどこにいるのかわかりません。
なにせ、カワセミの大きさは、木の葉っぱと同じくらいでしかありませんので。

それでも、みなさん急いでカメラを構え、狙い始めます。

DSC_8099

こちらのお客様は、照準器を装着して素早くターゲットを確保。

DSC_8123

ベテラン組のお客様がカメラを構え始めると、それにつられて親子連れのお客様や、年配のご夫婦も集まってこられます。

DSC_8105

DSC_8116

もちろん、お馴染みの石野少年の姿も見られます。

DSC_8112

今日のカワセミはいつもと違って、すこしばかり長身でスマートなタイプのようです。
刀剣ファンに大人気の「歌仙兼定」系でしょうか……

DSC_8118

 

石野少年、ベテラン講師から極意を伝授されている様子。

DSC_8120

 

DSC_8111

真夏の日本庭園では、ベンチに腰掛けてゆったりと風景を眺めていると、カワセミなどの野鳥だけではなく、緑濃い斜面林を背景に、トンボや蝶などが縦横無尽に飛び交う様子に、自然の豊かさを肌で感じることができます。

今日の皆様のように、カメラで捉えるもよし、敢えてカメラを持たずに五感で感じるもよし。
いろいろな方法で楽しんでみてください。

それではまた!

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

  • 03_文のみち
  • 11_facebook
  • 12_twitter

ページトップへ戻る

Copyright © 文京区立 肥後細川庭園 All rights Reserved.