ブログ

柏餅

 

こんにちは、新江戸川公園です。

今日は端午の節句。菖蒲の節句とも言われます。

端午の節句には、強い香気で厄を祓う菖蒲やよもぎを軒につるし、また菖蒲湯に入ることで無病息災を願いました。

そして、みんな大好きな柏餅です。

柏餅 (4)★

松聲閣の「椿の間」では、呈茶サービスのお菓子は熊本の「加勢以多」をお出ししていますが、連休中は、先着20名様に柏餅をご用意し、大変好評をいただきました。

ちなみに柏餅に使用する葉は、全国的にはサルトリイバラが主流で、もともと、食べ物を載せたり、包んだりする葉はすべて「炊し葉(カシハ)」と呼ぶので、樹種に関係なく、木の葉で包んだ餅はすべて「炊し葉餅」なのだそうです。

椿でお出ししている柏餅は、江戸川橋の地蔵通り商店街に構える、明治39年創業の「浅田家」さんから仕入れさせていただきました。浅田家さんの和菓子は、どれも甘さ控えめで飽きが来ないことと、気さくなご主人や奥様との会話も楽しめることから、地元の方々に親しまれています。

 柏餅 (2)★

 

次回は、肥後ハナショウブの時期に鮎菓子を予定していますので、どうぞお楽しみに。

新緑利用者あり

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

  • 03_文のみち
  • 11_facebook
  • 12_twitter

ページトップへ戻る

Copyright © 文京区立 肥後細川庭園 All rights Reserved.