月別: 2016年2月

こんにちは、新江戸川公園 松聲閣です。

本日、朝一番にスタッフ総出で、「ひな飾り」の展示をおこないました。

この写真は、2階展望所の床の間に飾ったものです。

●P2240160

写真をみてお気づきになったかと思いますが、このひな人形、なんと”折り紙”でつくったものです。

当然スタッフがつくったものではございません。。

このひな飾り展示は、同じ文京区内にある「御茶の水・おりがみ会館」さんのご協力をいただきました。

よーくみてみると、”着物の部分”をはじめ、とても丁寧に織り上げられているのが、わかります。

●P2240156+

そして、こちらは松聲閣の玄関はいった正面に展示した、ミニチュア版です。

ミニチュアといっても、あなどれません。これまた、かなり精巧かつさまざまな紙が活用されています!

●P2240175

最後に、ひな飾りに関するクイズを一つ。

QUIZ:ひな人形を飾る時期はいつが適切でしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Answer:

諸説ありますが、一般的には、

〇二十四節季の”立春(2/4~)”をはじめとし、”雨水(2/19~)”における3/3の1週間前までに飾るそうです。

〇さらに、「大安」の日に飾るのがなお良しとのことで、今年でいえば、

 2月12日(金)2月18日(木)・2月24日(水)

だったようです。

ということは、本日2/24も最適日の一つだったようですね♪

こんにちは新江戸川公園 松聲閣です。

本日は、3/12「文の京(ふみのみやこ)ガイドツアー」の”特別編”となる『目白台・関口を巡る-松聲閣-』ガイドの準備打合でした。

参加者は、文京区観光協会さん、観光ガイドボランティア選抜メンバー、そして松聲閣スタッフの3者です。

3者3様に、今回のガイドにむけての意気込みは十分なので、最初から真剣な意見交換で幕を切りました。

●P2230152

特にリニューアルした『松聲閣ガイド』は、われわれスタッフが初担当ということもあり議論はより白熱。

そして、机上より”実践”こそが大事!ということで、スタッフによる実際のガイド状況をみんなでチェック。

スタートは、やはり松聲閣の玄関にて。

●P2230162

そのあとは、庭園にはいりつつ、建物外観や細川家ゆかりの”深イイ話”をご紹介。

●P2230173 ●P2230166

仕上げは、松聲閣一押しである2階の展望所にて、展示物やお庭の特徴を解説。

予行練習とはいえ、みなさんメモをする姿も真剣で、さすがは観光ガイドのプロフェッショナルです!

●P2230178

松聲閣スタッフも緊張を伴いながらの、初ガイドでしたが、みなさんからいただいたフィードバックはとてもためになることばかりでした。

最後のふりかえりは、全体工程や動線確認を行いました。

明日もまたこの実践練習をおこない、さらにブラッシュアップしてまいります。

文の京の”西の観光拠点”として、みんなでよりよいガイドツアーとなるよう仕上げていきたいと思います。

乞うご期待!

●P2230157

 

 

表面トリミング

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

  • 03_文のみち
  • 11_facebook
  • 12_twitter

ページトップへ戻る

Copyright © 文京区立 肥後細川庭園 All rights Reserved.